「姫路城」観光と観光マップ。その美しさと罠

姫路城外観
姫路城外観
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊日本の城 改訂版 第83号 金沢城天守 他
価格:627円(税込、送料別) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

兵庫県姫路市の国宝「姫路城」。白鷺が羽を広げたような美しい姿から「白鷺城」の愛称でも親しまれていますが、反面、防備の為、あらゆる罠が待ち構える迷宮の城でもありました。そんな姫路城の隠された見どころを、ご紹介します。

目次

  1. 究極の『要塞姫路城』完成する!
  2. 外堀・中堀・内堀に張り巡らした罠
  3. まずは「菱の門」で敵を先制せよ!
  4. いノ門からにノ門へ
  5. ほノ門から水ノ五門へ
  6. 水の六門から天守閣へ
  7. ま  と  め

究極の「要塞姫路城」完成する!

姫路城完成国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本初のユネスコ世界文化遺産にも登録され、日本100名城にも選定されています。

羽柴秀吉中国毛利攻めの拠点として太閤丸に築いた天守(3層と伝えられる)を、1600年(慶長5年)池田輝政関ヶ原の戦いの戦功により三河吉田15万石から播磨52万石(播磨一国支配)で入城。

 

慶長6年(1601)から姫路城と城下の造営に着手。5重7階の大天守。

 

また、東、西、乾の3つの小天守を渡櫓で結んだ独特の連立式天守(天守と小天守や櫓を空から見ると四角になるように渡り廊下や多聞櫓でつないだもので、籠城戦を意識した天守の縄張り型式)を取り入れたものです(現在国宝に指定)。

 

また、江戸城や小田原城、大阪城にみられる内曲輪・中曲輪・外曲輪を3重の堀で区切った惣構 も築造 し、慶長14年(1609)に8年の歳月を要して完成。

巨大城を支える梁

巨大城を支える梁

 

その他、櫓・門など、城内74棟の建物が重要文化財

 

美しい造形とは裏腹に侵入者を阻む戦闘の城としての骨組みが逞しさを感じさせてくれます。

 

日没後はライトアップが幻想的で美しいんですね。

 

しかし、姫路城がいくら美しくとも時は戦国!

 

そこには要塞としての機能も備わっていなければすぐに侵入者に蹂躙されてしまいます。侵入者に対して姫路城がいかに防御出来るのか?

事項からはその防御の為の罠に迫って行きますね‼️

外堀・中堀・内堀に張り巡らした罠

姫路城内堀

姫路城内堀

密集して迫り来る大軍勢を止めるには……「取り敢えずたたらを踏ませましょう‼️」【】です!外堀・中堀・内堀現在「外堀」はほとんど埋められてしまっていますが現存する「内堀」にしましても安易に渡れるレベルではありません。

仮に籠城するとしましたならば、まずは「」を破壊。押し寄せる敵も幅20mから最大で34.5m)、深さは約2.7mの堀を前にすれば前進はもはや不可能!(進撃の巨人なら…?失礼…)「史実では内堀のどこかには、深さが30cm程の場所があって、緊急時に避難できるようになっていた!」という話が伝わっていますが、本当のところはどうでしょうか?真意の程はいまだ明らかになっていません。

 

まずは「菱の門」で敵を先制せよ!

 

菱の門城を攻め入る侵入者にとっては、怒濤の如く一気に討ち入りたいところですが、迷宮城は暫し侵入者の足を止めます止めて射かける

姫路城を大手門から攻め込んだ侵入者は、三の丸曲輪を抜け左に折れると、菱の門に至ります。

菱の門

菱の門

 

櫓門やぐらもんと呼ばれる、門の上にを設けた型の門で、門柱の上の冠木に木彫りの菱の紋があることからこう呼ばれている菱の門ですが、この門を通過した侵入者は門をくぐったその先にある『三国堀に阻まれます。

 一瞬の躊躇!それが命取り

前方に進むか右方に進むか。ルートはL字型。2択でしっかり侵入者の足止めをしてるんですね。 

 これを[両心の縄張り」と言います。

菱の門2階の床には隙間も見られ、門を通り抜ける敵を真上から攻撃出来ます。

いノ門からにノ門へ

 

菱の門を抜けると城門が連なる城郭部分に入ります。

ここでは、い・ろ・は・に、の順で城門を抜けて行きます

姫路城の縄張(菱の門から天守まで)

姫路城の縄張(菱の門から天守まで)

姫路城のイラストマップ(姫路城公式サイトから抜粋)

※ 黒い矢印姫路城のイラストマップに書き足しました(探索順路です)

 

菱の門」を抜けて、前方を選んだ侵入者達は真っすぐ「いの門」を抜け「ろの門」を目指しますが、やや右方にずれた「ろの門」の門をくぐると、左に折れて急角度のUターン。加えて長い上り坂となります。

 

他の門に比較するとかなり小さな「はの」の門をやっとの事でくぐりますが、ここから「にの門」迄さらにUターン。しかも天守群に近づいたと思ったのも束の間。このUターンで反対に遠ざかり、心理的にも不安がつのります

「は」の門の下の坂道

「は」の門の下の坂道

「に」の門へ続く道

「に」の門へ続く道

ほノ門から水ノ五門へ

狭い「ほノ門」。その先は天守群

狭い「ほノ門」。その先は天守群

 

背の高い人なら頭をぶつけてしまうほど低い「ほの門」。(頭上注意

 

ここをくぐって「水の一門」をくぐると「水の二門」と「水の三門」さらに「水の四門」( 因みに水一門」から「水四門」まではそれぞれ重要文化財に指定されています。 )と進みますが、ここで道はわずかながら下り坂に?

 

天守閣を目指して坂道を登って来た侵入者にとって天守閣はあくまでも坂の上なのに下り坂とはおかしい?道を違えたか?と侵入者を混乱させる。でもこれも罠だった様です。

 

天守入口の「水の五門」を過ぎればようやく一連の城門を抜け、いよいよ、あの「連立式天守」へ入ります。

 

水の二門

水の二門

 

水の六門から天守閣へ

水五門」から進んで来た多くの侵入者は「水六門」まで進むと、スムーズに進めなくなり門前に溢れかえります。

 

これは水六門の入口がより狭くなっている為で、この瞬間に上の櫓から侵入者に猛攻を仕掛けます。

そしていよいよ天守群へ!

 

壁一面の武具掛

壁一面の武具掛

一段高い所から侵入者を撃退する石打棚

一段高い所から侵入者を撃退する石打棚

天守へ続く急な階段

天守へ続く急な階段

「水六門」から天守閣へ行くにあたっては櫓と小天守を巡りながら登って行く事になりますがその間にも様々なが待ち構えています。

壁に隠れた武者隠し

ひと段高い所から攻撃を仕掛ける石打棚

板壁に並ぶ武具掛け

そして攻撃のラスト、天守閣に続く階段は

思わず唸ってしまう程の急勾配!

ま と め

 

真っ白な白鷺のように美しい姫路城。

しかしその白さも実は実際の大きさよりも大きく見せるトリック。(白は膨張して大きく見えるんですね✨)

ただ、数々の罠を仕掛け、侵入者を徹底的に寄せ付けない工夫を施した「迷宮の城」も、ただの一度も侵入者からの攻撃を受けた事がなく、従ってその数々の罠も効果を発揮出来なかったわけですが、時が下った第二次世界大戦中にはB29の空襲にさらされたのにもかかわらず、消失を免れました。

姫路城の上空はレーダ上では沼地だった

天守閣に落ちた焼夷弾が不発だった

ここまで来ると単に運が良かったでは済まない神がかり的なものを感じますが、そういえば天守閣には珍しく、姫路城が姫山に築かれる以前より、地元の人たちの信仰の対象となっていた地主神を祀った「刑部神社 」という神社が奉られているのですが、仮に神通力が働いたとしたら……。何だかロマンを感じますね。

姫路城は見た目の美しさと荘厳なスケールで暫し映画やテレビの時代劇で、また「インスタ」ばえしたフォルムでSNSにも取り上げられていますが、機会があれば貴方も迷宮の城に潜入してみては……!?。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました