GOTOトラベルキャンペーンとは?いつまで

施策

GOTOトラベルキャンペーンとは?どんな政策でいつまで続くのか?また、どのくらい安くなるのか?たからゆきが解説しますよ~

目  次

GOTOキャンペーン

GOTOキャンペーンとは?

 

安倍政権が、新型コロナウイルス感染症の流行を防ぐ為に打ち出した緊急事態宣言

その内容は?と言えば、外出の自粛と休業要請を自発的に促したものでしたが、結果、弊害として経済の悪化を招いてしまいました。

皆が不要不急の外出を自粛してたからレジャー関連の経営は大変だよ!

そこで救済措置として出されたのがGo Toトラベルキャンペーン

Go Toトラベルキャンペーンは、疲弊した国内の観光に携わる需要を活性化して、景気・経済を復興させることを目的とした、最大5割を国が補助する経済政策なんですね。

GO TOトラベルキャンペーンの期間は?

7月22日から3月15日まで。

実施期間

2020年7月22日〜2021年3月15日

修学旅行は3月催行分まで対象とする

但し、Go Toトラベルキャンペーンの予算がなくなった場合は実施期間以前であっても終了してしまう可能性はあります。

いくら安く行けるの?

上記の期間中最大で35%割引になるということでかなりのお得感です!

※但し。宿泊旅行は1人1泊20000円/日帰り旅行は1回10,000円まで

 

しかも9月1日以降は、旅行代金の15%の政府が発行する地域共通クーポン(お釣りの出ない商品券。1枚1,000円で1,000円未満は四捨五入)が、付与され、旅行期間中に旅先の都道府県や隣接する都道府県で使えるので、さらにお得!

つまりGo To トラベルキャンペーンは

8月31日迄は宿泊または日帰り旅行代金の35%を支援し

9月1日からは宿泊または日帰り旅行代金の50%を支援するキャンペーン

ただし、東京都を目的とする旅行と東京都に在住する人の都外への旅行は当面の間対象外です。また、感染症の状況によっては東京都以外に拡大することもあり得るなどこれからも臨機応変に対応して行くそうです。

現在のところ東京都民の皆様には申し訳ないのですが、旅行が半額になるならどこかへ行きたいという人にはオススメですね。

どんな手続きが必要か?

  • 旅行者が自分で宿泊施設を予約し宿泊した場合

   旅行者自身での還付手続きが必要ですので下記書類を揃えて9月14日までにオンライン申請をしていただくか、郵送で!(当日消印有効)

必要書類

事後還付申請書(様式第1号)

②支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収書又は支払内訳書等

③宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されたもの)

口座確認書(旅行者用)(様式第2号)

⑤口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)

⑥住所が確認できる書類(免許証の写し、保険証の写し等)

同行者居住地証明書(様式第21号)(追加)

⓵と⓸と⓻はクリックしてもらうと用紙をダウンロード出来ます

②と③は宿泊先でもらえます。


上記①〜⑥は旅行者本人の名前であることが必要です。
④は旅行者が複数の場合は代表者のものを用意してください。
法人名義で②を発行した場合、旅行者と該当法人の関係が分かる書類(社員証等)を提出してください。

 

  • 旅行業者を利用した場合

 現在、殆どの業者が始めから割引販売をしているので、手続は不要。

※ 事業者の予約サイトを通じて予約し、現地で代金を支払った場合は還付の対象外となる。

還付の申請期間は9月14日までで申請書類はGo To トラベル事業の公式サイトからダウンロードできます。

 

ま と め

そう言えば緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出を避けるよう自粛ムードが高まりだした4月から6月頃。

臨時休業の為、お昼時だというのに軒並みシャッターが閉まって人が居ない地下街にどうしょうもない不安で一杯でした。

学校は休校。職場は職種によっては、リモートや休業を強いられる中でのショッピングは不可だったのか?

しかしそこで生活の糧を得ている人。

この店、あの店で働く人の生活は大丈夫なのか?店員さん・警備員さん・お掃除をしていた人・経営者は?

臨時休業を伝えた看板

臨時休業を伝えた看板

臨時休業の為シャッターが閉まった地下街

臨時休業の為シャッターが閉まった地下街

 

2020年6月19日に新型コロナウイルスによる県境を越える移動の自粛が解除されて2ヶ月弱、

第2波も懸念される中での実施でもあり、東京を除く等公平さを欠いていたりも致しますが、

県境を越える移動の自粛で最も疲弊した観光業界にとって今回のGO GOキャンペーンを如何にして活かせていけるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました